このページの先頭です

医療脱毛体験者の口コミを徹底検証!一番多い肌トラブルは?

58views

投稿日:

医療脱毛のリスク

医療脱毛クリニックで照射しているレーザーの安全性は高いです。肌を通してムダ毛の毛根のみに反応する仕組みになっています。高い熱量が発生するものの、レーザー脱毛マシンには冷却装置が付いているため、速やかに冷却され、肌トラブルのリスクは少なくなっています。

しかし100%防げるというものではありません。中には肌トラブルが発生するという方もみられるのです。そこでどんな肌トラブルが多いのか、医療脱毛体験者の口コミを元に徹底検証してみました。肌トラブルが気になるという方は参考にしてみて下さい。

医療脱毛体験者の口コミで一番多い肌トラブル

医療脱毛体験者の口コミで良くみられるのが次の肌トラブルです。

  • 赤み
  • 毛嚢炎
  • 火傷

赤み

このうち一番多くなっているのが赤みという肌トラブルです。レーザー照射による高い熱量は冷却されても、ムダ毛の毛根周辺に残ることがありました。この残った熱量によって赤みが発生します。また口コミで良くみられるため、ある程度は発生する肌トラブルだと認識しておいた方が良いです。

この赤みといった肌トラブルは一定期間経過すれば自然に治まることが多くなっています。口コミでは施術後に自分で冷却すると赤みの治まりが早まったというものもあります。そのため帰宅後に冷やしタオルなどで冷却するのがおすすめです。

毛嚢炎

その次に口コミで多くみられるのが毛嚢炎といった肌トラブルです。毛穴の中に黄色ブドウ球菌などの細菌が増殖し、ニキビのような症状がみられるというのが毛嚢炎です。レーザー脱毛によるダメージを受けると細菌が増殖しやすくなるのです。

毛嚢炎が起きると施術が受けられないため、期間が長引いたという口コミもあります。また医療脱毛クリニックで軟膏が貰えたため、毛嚢炎がすぐに治ったという口コミもあります。そのため毛嚢炎になったら、すぐに通っている医療脱毛クリニックに相談しましょう。

火傷

口コミで見られる肌トラブルのうち、最も重い症状となるのが火傷です。レーザー脱毛では軽い炎症が起きることがありますが、軽い炎症ならそれ程大きな問題ではありません。しかし、一定期間以上経過しても治まらない場合は火傷が起こった可能性があります。火傷が起こる原因には次のようなものがあります。

  • レーザー脱毛マシンの安全性
  • 施術者の技量
  • 日焼けした黒い肌

レーザー脱毛マシンの安全性

旧機種のレーザー脱毛マシン、安価なレーザー脱毛マシンだと安全性が気になるところです。安全性の低いレーザー脱毛マシンでは火傷のリスクが高まります。そのため新機種のレーザー脱毛マシン、高価なレーザー脱毛マシンを導入している医療脱毛クリニックを選びましょう。

施術者の技量

施術者の技量が低いと重複照射の恐れがあります。重複照射の回数が増えるほど火傷のリスクが高まるため、技量の高い施術者が担当する医療脱毛クリニックがおすすめです。

日焼けした黒い肌

日焼けして肌が黒くなるとレーザーが肌中に増えたメラニン色素に反応することがあります。火傷のリスクが高まるため、施術できないといわれることがあります。施術前も施術中も日焼けしないことが重要です。

番外編

口コミでは照射漏れ、硬毛化や増毛化、汗の量が増えたなどもみられます。照射漏れが起こった部位はムダ毛が残ることがあるのです。この照射漏れも技量の高い施術者なら殆ど心配ありません。硬毛化や増毛化は産毛が濃くなる、ムダ毛が増えるといった現象です。稀に見られる程度のため、心配し過ぎることはありません。

硬毛化や増毛化が起きた時は医療脱毛クリニックに相談し、回数を追加してもらえる場合もあります。汗の量が増えたという現象はムダ毛がきれいになることで起こります。汗が流れやすくなっただけで実際に量が増えた訳ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です