このページの先頭です

医療脱毛は安心なの?脱毛する前に知っておきたい知識とは?

17views

投稿日:

毛周期と脱毛

毛周期のしくみ

脱毛するにあたって、毛のサイクルである毛周期について理解しておくことは大切です。毛は一定のサイクルで生え変わります。今見えている毛は成長期か退行期の毛です。この毛を医療脱毛で除去しても、休止期にある毛は時間が経てば生えてきます。

成長期や退行期にある毛は脱毛しても完全に毛のサイクルをストップさせることはできないので、時間が経てば徐々に生える可能性もあります。そのため医療脱毛は一定の期間を空けてから、何度か回数を重ねて脱毛しなければなりません。

周期によって脱毛できない毛もある

毛周期は毛が生えている成長期と退行期の他に、毛が抜け落ちてから一定期間休んでいる休止期があります。この休止期の状態の時にレーザー脱毛をしても効果が出ないので、休止期から成長期になってから改めて脱毛しなければなりません。毛周期はそれぞれバラバラの周期となっているので、今見えている毛は全体の3分の1程度となっています。

そのため1回の脱毛ではすべての毛を脱毛することができないので、2ヶ月弱は間を空けて脱毛する必要があります。医療脱毛は医療用のレーザーを使った脱毛なので、通う期間も短く回数も少ないのに効果が期待できます。そのため早く脱毛したいという人には、医療脱毛がおすすめとなっています。

脱毛期間中に注意するべきこと

色素沈着の影響

医療脱毛を受けていると、最低でも5回以上は施術を受けることになるので、半年以上は脱毛期間となっています。脱毛期間前や期間中は自分でムダ毛を処理していると、色素沈着してしまう可能性があります。色素沈着は黒ずみの原因となり、酷いケースでは施術が受けられなくなることもあるので注意が必要です。

軽い症状の場合にはレーザーによって黒ずみを除去できるので、綺麗な肌の状態に戻すことが可能です。できれば肌トラブルを避けるためにも、脱毛期間中は自己処理をなるべく控えましょう

日焼けと紫外線に注意

脱毛期間中は日焼けや紫外線に注意することが大切です。女性は口コミを見てクリニックを選ぶことが多いですが、日焼けしても施術してくれるクリニックがあるという口コミを見かけます。確かに日焼けをしても脱毛の施術は受けられますが、色白の方が脱毛効果は高いといえます。

しかも日焼けをしてしまうとレーザーは黒色に反応するため、火傷などの肌トラブルを引き起こす可能性もあります。脱毛期間中に日焼けをするとシミや色素沈着の肌トラブルになりやすいので、口コミを鵜呑みにしないようにしましょう。

脱毛期間中は日焼けしたくても我慢して、紫外線に注意をしながら生活することをおすすめします。施術の回数を重ねるたびに効果が出てきますが、完全に脱毛期間が終わるまでは、日焼けと紫外線対策はしっかりすることが必要です。

妊娠による脱毛への影響

脱毛期間中に妊娠をしてしまうと施術が受けられなくなるので、妊娠を予定する女性は脱毛を避けることをおすすめします。妊娠期間中でも医療脱毛によるレーザーの影響は、ほとんどありません。そのため安心して施術を受けることができますが、多くのクリニックでも妊娠した時は施術を断ります。理由としてはレーザーの影響はなくても、体への負担が多くなるからです。

そのため万が一のことを考えた時に責任が取れないので、施術を断るケースが多くなります。また料金に関して先払いで金額を支払ってしまった時には、一定期間が過ぎると期間終了となってしまいます。

そのため結婚を予定していたり、彼氏がいる女性は長期間の割引サービスなどは利用しないことをおすすめします。いつ妊娠するは分かりませんが、可能性がある女性は一応意識しておいた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です